上海15ヶ月

yasupon.exblog.jp
ブログトップ
2005年 03月 14日

テニスと小説『青が散る』

風は強いものの良く晴れた日曜日。
2時間ほどテニスをした。

親が大のテニス好きということもあり、
中学、高校の時にちょこっと習い、
時々親と一緒にしていた。
もちろん僕自信も好きである。

もっとも青春が似合うスポーツだと思っている。
大学時代、サークルでテニスをしたというわけでもないのに
こう思うのは一冊の本を読んだからである。

『青が散る』宮本輝著
b0029974_2328188.jpg

高校生の時だったと記憶している。
母親から渡された2冊の本のひとつ。
両方とも、何度も何度も読み返した。
彼らが書いた他の本も多分全部買った。
もちろん上海に持ってきている。
間違いなく読書という面白さを教えてくれた本だ。

舞台は大阪・神戸、新設大学の椎名燎平と彼をめぐる男友達と女友達。

青春とは、それが恋であれ、スポーツであれ、何であれ
ほかの事を省みずに打ち込み、四六時中そのことを考えていても、
それでも、そのことで悩んでしまう時期だと思っているのだが、

この本に出てくる人は誰も彼も青春しており、
まぶしいほどに、精一杯生きている。

この日のテニスの舞台は神戸ではなく上海。
まだまだ僕にしてみれば出会ったばかりの人たち。
b0029974_23264253.jpg

でも、みんな個性的でとても面白い人たちばかりです。
きっとみなさん、青春しているのでしょう。

少しづつ暖かくなってきたし、
テニスを通して、上海生活の幅が
また広くなりそうで、とても楽しみです。
みなさん、よろしくお願いいたします。
[PR]

by yasupon0920 | 2005-03-14 23:33 | 日常生活@上海


<< お祝いの言葉      とある週末 >>