上海15ヶ月

yasupon.exblog.jp
ブログトップ
2005年 03月 21日

浦東に住むという事

ご存知のように、上海という街は中心に河が流れている。
その東側を浦東(プードン)といい、西側を浦西(プーシー)と言う。

この街の歴史上、昔から栄えていたのは浦西。
浦東はここ最近になり、開発が進行している
いわば発展段階の場所。

もちろん、人はたくさん住んでいるが、
まだまだオシャレな場所や日本人街、
ショッピングを楽しめる場所は少ない。

ということで76年会やGREEといった集まりは必然的に
浦西で行われる事が圧倒的に多く、
僕を含む、河の東側に住んでいる人は、
飲み会の後に、タクシーでかなり走らなければならない。

そんな僕たちプードニアンのためにはっちんさん
上海浦東の会なるものを立ち上げた。

前置きが長くなったが、金曜日の夜、もちろん浦東の
とある韓国料理屋で発足式が厳かに行われた。
(写真撮影禁止です)

集まったのは10人ほど。
何回も会っている人もいれば、初めてお会いする人もいた。
麻雀の話や仕事の話。恋愛の話もあれば
浦東のネタなど。
話している内容も面白いのだが、やっぱりみんなの人となりが
とても魅力的だ。

浦東にこんなに面白い人がいたんだ。
浦東に住んでてよかった。
負け惜しみでなく、心からそう思ったし、
はっちんさんには、素晴らしい会を作っていただき
感謝しています。

二次会はバーに行こうとしたが、そこは浦東。
悲しい事にバーがあまりない。
金曜日の夜だというのに、恐ろしく静かな街を20分ほど歩き
げんくんの会社の近くのカフェに入った。
そこでしばし、話に花を咲かせ、お開きとなった。

これから上海に住まれる方へ。
浦東、これからは盛り上がること間違いないです。
プードニアン、誰もが口をそろえて申してました。
とかいって、みんな心の中では「浦西に引っ越してー」なんて思ってたりして。。。
特にG君、君だよ。
[PR]

by yasupon0920 | 2005-03-21 00:18 | 日常生活@上海


<< 1976年、そして76会      お祝いの言葉 >>