上海15ヶ月

yasupon.exblog.jp
ブログトップ
2005年 03月 21日

1976年、そして76会

その年の1月、英仏間をコンコルドが初めて就航し、
7月にはコマネチがモントリオールで10点満点をとる。

毛沢東がこの年、亡くなり、
2月にはロッキード事件があった。

村上龍の『限りなく透明に近いブルー』が芥川賞をとり
アメリカでは『ロッキー』がアカデミー賞を受賞。
多くの若者に影響を与えた雑誌『POPEYE』が創刊。

古き時代が終わり、新しい時代の幕開けを感じさせる1976年、
この年に生まれた日本人は170万人。
今、30歳を前にして、いろいろなことを悩み、考え、
人生の大きな転換点を迎えていることだろう。

そんな人たちが上海にももちろんいる。
彼らが月に一回集まる76会に参加した。

3月19日土曜日19時。
場所は虹橋路にある、橙屋。
創作和食が食べられるお店だ。
50人ほど集まったのだろうか、
こじんまりと落ち着いた、この店のいたるところで
にぎやかな話し声が聞こえる。
b0029974_20183930.jpg

身振り手振りでアクションをする人もいれば
それを見て微笑んでいる人もいる。
結婚する予定の彼女を日本から連れてきている人もいる。
上海に来たばっかりの人もいれば、
逆にもう日本に帰国してしまう人もいる。

ここ上海にいる目的は、みな違うのかもしれないけど
基本的に年が近いのと、
異国の地で悩みながら精一杯頑張っている思いは
みな同じなので話し声と笑い声が尽きることはない。
b0029974_20193223.jpg


下見の時同様、美女に囲まれてしまった(ラッキー!)ので
またまた酒が進む。

少し暑くなり、表に出てみた。
b0029974_202087.jpg

とても静かだ。明かりも見えないので、
外からは、まさかこの建物の3階で76会なるものが
おこなわれているとは夢にも思わないだろう。

そんな外の静かさをよそに、
浪漫と情熱にあふれる76会は
場所を2回も変えて深夜まで続いた。

また是非参加したいですね。
[PR]

by yasupon0920 | 2005-03-21 20:21 | 日常生活@上海


<< はらけんが育てたGREE上海の会      浦東に住むという事 >>