上海15ヶ月

yasupon.exblog.jp
ブログトップ
2005年 04月 28日

黄山に登ろう!! (その2)

ロープウェーを使って黄山に登るには主に2つのルートがある。
慈光閣から上がるか、雲谷寺から上がるかだ。

僕たちは慈光閣から上がった。
ロープウェーは週末ということもあり、行列であったが1時間弱で乗れました。

上がっていくと、はらけんのブログにあるとおり雲の中に突入。

黄山はいくつもの峰からなっている山。
有名なのは天都峰、蓮花峰、そして光明頂の3峰。まずは天都峰へ。

ロープウェーの駅から少し上がったところにある玉屏楼の
有名な松、迎客松の前の階段を下りていく。
この峰に登るための山道は少し下にあるのだ。
b0029974_23311373.jpg

基本的に山道はすべて階段。

途中の広めの踊り場で昼ごはんにする。
今回はサンドイッチ。食パンとハムと生サラダ、チーズでつくる即席サンドイッチ。
b0029974_2333129.jpg

これがめちゃくちゃ美味い。空気も最高にうまい。

おなかも膨れたところで
もう少し下って天都峰の登山道(階段)にはいる。
b0029974_23321456.jpg

これが結構きつい。
傾斜70度はあると思われる階段を登らなくてはいけない。

上にいくに従い、霧がどんどん増してくる。少し離れると何も見えない。
b0029974_23524354.jpg

神様もここにどのように風景を描くか決めかねているのだろうか。

ふと気づくと細い尾根のような道を進んでいた。
両側は崖。雲の中なので下はまったく見えない。
b0029974_2336482.jpg

自分はどこにいるのだろうか。霧の向こうにはなにか別の世界があるように感じられる。
すぐそこに何かあるのか、それとも何もないのか。
思わず手を伸ばしたくなる。吸い込まれるとはこういう事を言うのだろうか。

登り始めて30分ほどだっただろうか。
頂上に着いた。霧は少し晴れたものの
雲の中。周りがまったく見えない。
風が強い。めまぐるしく視界が変わる。寒い。
b0029974_2335650.jpg


下りは登りよりも大変。
階段が小さい上に急。
後ろ向きに降りている人もいる。

上り口に戻ってきたのは16時前くらいだっただろうか。
ここからホテルまではまだ8kmの道のり。
日没が迫ってくる。当然のことながら明かりはない。

もと来た道を今度は登る。女の子はきつそうだ。
地図を見る限り、山をいくつか越えないといけない。
本当にたどり着けるのか?
ロープウェーで降りて、麓で宿を探したほうがよいのか?

黄山には登山客の荷物を持ってくれるポーターが
結構いる(もちろん有料)。
とりあえずポーターを捕まえ、荷物をお願いする。
途中までしかいけないとのことだが
そこからは下るだけだと言われる。
しかも思ったほど時間はかからないという。

気合を入れて宿に向かって出発した。
頑張っている僕たちへのお礼だろうか
神様が素晴らしいプレゼントを用意していてくれているとは
このとき誰が思っただろうか。

〜続く〜
[PR]

by yasupon0920 | 2005-04-28 23:55 | 日常生活@上海


<< 黄山に登ろう!! (その3)      黄山に登ろう!! (その1) >>