カテゴリ:国内編 ~渡航準備~( 11 )


2004年 10月 08日

行ってきます。

b0029974_10501770.jpg

出国ゲートを通過。行ってきます!
[PR]

by yasupon0920 | 2004-10-08 10:50 | 国内編 ~渡航準備~
2004年 10月 08日

出発前夜

ただいま午前2時.ようやく部屋の片づけとかが終わった.
これで心おきなく出発できる.

今日は午前中,会社で挨拶回りをおこない,
午後からは車を取りに行ったり,家族で写真を撮ったりした.

この15ヶ月親友に車を預かっておいてもらうのだが,
今夜は知り合いの店のオープンイベントに行くというので
僕もちょっとだけ参加.親友にそのまま送ってもらった.

さあ,明日は出発です.明日のこの時間には上海にいるだなんて
まだ実感がわきません.

皆様いろいろとお世話になりました.本当にありがとう.
しばらく会えなくはなりますが,今後ともヨロシクオネガイイタシマス.

ではまた.
[PR]

by yasupon0920 | 2004-10-08 02:10 | 国内編 ~渡航準備~
2004年 10月 05日

送別会~「火事です。避難してください」~

雨の降りしきる日曜日。
大学院時代の友人が送別会を開いてくれた。

その中の一人は4年ぶりぐらいに会った。
彼はずっと仕事でフランスに駐在していたからだ。

場所は銀座の京料理屋。
久しぶりにみんなに会い、最初は少しぎこちない感もあったが
気が付けば、学生時代と変わらない笑い声と
始めてお会いする人たちの柔らかな雰囲気が場を占めていた。

話は学生時代から最近のことまで
フランス駐在の話や卒業旅行、カフスボタンや上海の食べ物の話まで。

料理もお酒も美味しく、心地よい時間が続いていく。
食後のお茶を飲み、そろそろお開きと思ったそのとき、、、

サイレン音とともにアナウンスが。
「火事です。6階で火災が発生しました。落ち着いて避難してください。」
無機質なアナウンスがひたすら続く。
店員さんが少しドタバタした足音を響かせながら個室の障子を開ける。

「申し訳ありませんが避難していただけますか?」
ビックリした。火事に遭うのは初めてだ。

一応応急手当普及員なる資格を持っているし、
会社の自衛消防隊員で大阪のとある区の消火訓練レコードを所有している。
そんな火事慣れしているはずの僕でもちょっとビックリした。

店員さんに言われるがまま外へ。
6階を見上げてみる。特に燃えている様子はない。
煙草の煙とかにセンサーが反応しただけじゃないのか。

それでも一つだけ気になった。
このビルの名前がとてもよく燃えそうな名前だった。
しかも爆発しそうな名前だ。

しばらく外にいると店員さんが中に入っても大丈夫だと言う。

どうやら6階で鍋を焦がしてしまったらしい。
日曜日の銀座のオフィスビルの6階。
なべなんかするのか、とも思ったのだが。

アナウンスが鳴り響く中、再度お茶を飲みながら
話に花が咲く。

素敵な会を開いてくださり、みんなありがとう。

帰る頃にはいつのまにかアナウンスは止まっていた。
外の雨は来るときと変わらず、止む気配はない。
5日後には出発だ。
[PR]

by yasupon0920 | 2004-10-05 20:08 | 国内編 ~渡航準備~
2004年 10月 03日

色紙、レッスンDVD、そして・・・、ビバ!SALSA仲間

2004年10月2日(土)

夏を思わせるほど暑い土曜日。
午前中に船便の引っ越し。前日半分徹夜でまとめたので
作業自体は1時間程度で終わる。

昼に車を車検に出した後、中野新橋へ。
サルサレッスンに行った。

狭いスタジオに25人程度だっただろうか。
熱気でスタジオはムンムン。
そんな中踊る。
講師のヒロさんの教え方もとても丁寧だし、
みんなのサルサに対する熱い想いも手伝って
レッスンは和気あいあい。
しばらく参加できなくなるのは残念だなー。

夕方、皆は六本木に踊りに行ったが、僕は親と食事をということで
溜池に。

その後、友人の結婚式の2次会に少しだけ顔を出して、
再度みなに会うために、というより本当は踊りに六本木に。

残念ながらレッスンには間に合わなかったが、皆がよく行く近くのファミレスへ。
そこですばらしい贈り物があった。

色紙とサルサレッスンDVD、そして僕やヒロさんが踊っている映像が入った
DVDだ(よっしぃ、ありがとう)。
自分の踊っている姿ははっきりいって下手だし、なんだか見ていて恥ずかしい。
それでいて、客観的に見られるのでとても参考になりそう。
(3回ほど観たが、毎回毎回見るにはかなりの心の準備がが必要。)

ファミレスを出た後は終電まで、師匠のハッピーサルサさんとサルサバーへ。
初めての体験で、これもまたドキドキした。

偶然、以前踊ったことのある人と出会い、すごい人ごみの中、踊った。
以前踊ったことのある人と踊ることもあれば、いきなり見知らぬ人と踊ることもある。
(僕はできませんでしたが)

見知らぬ人達が「サルサ」というものを通して
一時的に時間を共有したり、かけがえのない友人になったりもする。

色紙にも書いてもらったが、「地球は1つ。サルサも1つ。」
本当、そうだと思った。きっと上海でもそうだろう。
そう思うと、ないと言えば嘘になる不安も楽しみに変わる。

そんな、人との出会いをもたらしてくれたり、ただ楽しい時間を与えてくれたり、
うまくなりたいって思ったり、少し踊れるようになったときの喜びとか。
サルサを初めて本当に良かったと思った。

素敵なサルサ仲間からいただいた宝物を大切に
上海に行ってきます。本当にありがとうございました。
そしてこれからもヨロシクね。
[PR]

by yasupon0920 | 2004-10-03 08:59 | 国内編 ~渡航準備~
2004年 10月 01日

送別会

水曜日、今日は会社同期の送別会。
場所は新橋。

あまり集まらないんじゃないかと思っていたが
集合の30分後には予定していた人数が集まる。
なんだかとてもうれしかった。
というのは新横浜にある研究所の人たちも集まってくれたからでもある。
ありがとう。

きっかけはなんにせよ、同期が集まるのはなんだかうれしい。
ずっと飲み会続きであったが、なんだか特別な夜であった。

店はコリドー街にある焼き物の店。
キノコが秋をかんじさせてくれた。

最初は8人であったが気がつくと15人以上があつまっていた。
おなかの中に新たな生命を宿っている人も来てくれた。

久しぶりに酔っ払ったのはこのメンバーだったからだと思う。
2次会の店の記憶はほとんどない。

タクシーで帰るのもなんなので5人で汐留のロイヤルパークホテルに泊まる。
明日は汐留出社なので楽ができそうだ。

何はともあれ、あつまってくれたみんなに感謝。
また来られなかった人も含めて、同期とは本当にいいものだと思った。

少しお酒が残っているので稚拙な文章だと思う。
でも今日に限ってはこんなのもありなのではないだろうか。

幸せな一夜でした。
[PR]

by yasupon0920 | 2004-10-01 03:10 | 国内編 ~渡航準備~
2004年 09月 27日

送別会

土曜日の夜。
最近知り合った友人達が送別会を開いてくれた。
うれしい限りだ。

場所はみんなの面倒を見てくれる幹事的存在のお人の家。
都内にあるデザイナーズマンション。

お邪魔したのは21時過ぎ。
すでに7-8人がまったりと時間を過ごしていた。

それにしてもこの部屋といい、マンションといい、エロイ。
赤いエレベーター、そして間接照明とキャンドルの柔らかい光。
生活感のない空間。

参加したのは男性5人、女性5人。
みんなある共通のバックグラウンドを持っている仲間だ。
そのうちのひとりがポラロイドのカメラを持参していた。

記念に、女性陣に囲まれたマフィアのボスというコンセプトで写真を撮ってもらった。
ここに大きくその写真を載せられないのが残念だが、
僕の人生においておそらくもっとも輝いた瞬間だろう。

ぱしゃぱしゃ写真を撮り、音楽とキャンドルの光に揺られながら
手作りの食事をいただく。
うーん、おいしい。しかもつくっているのは男性陣だ。
女性陣はというと、、、今後の奮起に期待したい。

最近送別会をよくしてもらうが、本当にうれしい。
なんだかんだいいながら、新天地での生活には不安もある。
そんな中、みんなの優しさが最高の励ましになっている。
いつか、皆さんからいただいた優しさを、僕もみんなにあげられるようにしたい。

みなさん、本当にありがとうございます。
特に幹事のBさん。いつもいつもありがとうございます。
遅い時間までお邪魔してしまいました。

b0029974_2255982.jpg

[PR]

by yasupon0920 | 2004-09-27 02:19 | 国内編 ~渡航準備~
2004年 09月 24日

片付けと買い物

秋分の日。
なのに7時に起きて会社に行く。
会社の私物を片付けて車で持って帰ってくるため。
昨晩は遅かったせいか、とても眠い。
時々うつらうつらしながら運転する。そのためか行きの記憶がほとんどない。

会社に着く。あまりに眠いので会社で一眠り。
なにをやってるんだろうと思いながら。

片付けをして、必要なものは車に積んで一路新宿へ。
スーツと使い捨てコンタクト、PCの予備のバッテリーとマウスを買う。
(Mac製品は手に入りにくいらしい)
続けて従姉妹がバイトしているスポーツ用品店で運動靴を買う。

駆け足で買い物を終わらせて一路青山へ。
眼鏡をつくる。前に一度つくったことがあるところなので
視力検査もなくあっという間に終わった。
もちろん出来上がりは先だが。

引っ越しをするにあたり
家のものや会社のものを片付けて、たくさんのものを捨てた。
でも新たに買ったものもある。
なんだか不思議な感じだ。

そう思いながら次の用事に急ぐ。
昨日も友人の誕生日であったが今日も大切な人の誕生日。

お誕生日おめでとう!!
[PR]

by yasupon0920 | 2004-09-24 00:18 | 国内編 ~渡航準備~
2004年 09月 23日

誕生日パーティー@サルサバー

今夜は大切な友人の誕生日。
その誕生日パーティーが六本木のサルサバーで開かれる。

大切な友人とは僕が上海でサルサバーで寂しさを忘れられるように
踊りを教えてくれている。
(本当は上海に遊びに来たいだけだったりして...)
この2,3週間レッスン情報を流してくれたり、レッスン時も付きっきりで教えてくれる。
そんな彼女のためにこれまで学んだことを出し切りたい。そう思った。

仕事を21時頃に切り上げ、一路六本木へ。
ちょっとしたプレゼントを渡し、いろいろな友人を紹介してもらう。
そして一緒に踊る、、、、、はずが踊れない。

なんだか足が動かない。手も動かない。顔もこわばる。
先週末に素人同様なのにベルファーレのイベントに行き、
思いっきり凹んだ後遺症なのか。

せっかくの誕生日、驚かせてあげたかったのだが、逆に励まされた。
もう一回やり直しですね。

とにもかくにも、お誕生日おめでとうございます!!
[PR]

by yasupon0920 | 2004-09-23 00:36 | 国内編 ~渡航準備~
2004年 09月 22日

ドイツ語が全然出てこない。。。

別の部署から頼まれた翻訳の仕事。
日本語の書類をドイツ語に直す。

専門用語たくさんあるし、そもそも文法を忘れつつある。
とても簡単な構文しかでてこない。
関係代名詞や格変化がめちゃくちゃ。

このまま現地に渡されてはマズい。
一度専門家に出してもらうようにお願いをしよう。

10年以上住んでいても話せなかったら意味がないな。
うーん、残念。また勉強をしたいと思うのだが、とりあえずは中国語か。。。
[PR]

by yasupon0920 | 2004-09-22 03:19 | 国内編 ~渡航準備~
2004年 09月 21日

辞書と夕焼け

社内的な辞令が出たのが17日。
個人的に言われたのは8月後半だったと思う。

いずれにしても今日から仕事を整理して
引継ぎ業務に入る。
これが大変。引き継ぎながらも別の部署からドイツ語の翻訳を頼まれたりする。
(話せないって言ってるのに...)

そんな中、午後は外出。
尊敬している先輩に中国語の辞書(日中・中日一体の辞書)を買ってもらった。

中日は一見すると漢和辞書なのだが、漢字の読み方が違うので
読み方が分からないと引けない。
そうなると最初に読み方を日中辞書で調べるのか..

なんだか良く分からないが、持っているだけで少し心強い。

駅で電車を待っている間、夕焼けがとてもきれいだった。
こういうのを見ると、忙しい中にも頑張ろうって気がしてくる。

日本にいるのも後16日だ。
b0029974_19545250.jpg

[PR]

by yasupon0920 | 2004-09-21 19:53 | 国内編 ~渡航準備~