上海15ヶ月

yasupon.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:日常生活@上海( 49 )


2004年 12月 09日

蘇州への旅〜後編〜

ガイドの女性は本当に片言の日本語を話せる程度で
やりとりはほとんど中国語と筆談。
b0029974_23252879.jpg

(↑ガイドとお話をするM氏。ガイドが持っているのが筆談用のメモ帳)

拙政園の庭園は、いろいろなものをイメージして構成されていたり、
借景があったり、さらにはこれらの説明を中国語でされて理解できたことも手伝って、
なかなか興味深いものであった。(全く分からない部分もありましたが)
b0029974_2332429.jpg

今回訪れた他の庭園も奇麗だし、有名である理由もそれぞれ
あるのだが、僕はこの庭園をオススメします。

今回の蘇州の旅は日帰りという事もあり、あまりゆっくりはできなかったのだが、
最後に訪れたのが、蘇州の南端にある盤門。
昔、蘇州が水の都として栄えていたときの橋、水門と城壁が残されている。
現存するのは1300年代のものだが、最初に出来たのはBC500年頃らしい。
b0029974_23343960.jpg

午前中の雨もすっかりあがり、少し陽も出て来た夕方、
柔らかい光に照らされた城壁や橋を見ながら
上海にはあまりない静寂に包まれた素敵な一時でした。

週末以外になかなか時間は取れないのだが、せっかく中国に来ているのだから
いろいろな場所に行ってみたい。
おすすめの場所とかありましたら教えていただければ幸いです。
次は黄山に登る予定です。
[PR]

by yasupon0920 | 2004-12-09 23:36 | 日常生活@上海
2004年 12月 05日

蘇州への旅〜前編〜

冷たい雨の降る土曜日、語学学校で同学(←中国語で同級生)のM氏と
蘇州に行って来ました。

朝8時に蘇州の駅に着き、最初に向かったのは北寺塔。
オリジナルは三国時代(250年頃)に建てられたらしい。
現存するのは1200年頃に改修されたもの。
近くに来てみると意外な高さ(76m)にびっくり。
b0029974_2137436.jpg

そのびっくりさを体で表現してみたのがこの写真。
その高さがわかってもらえただろうか。。

この塔の境内にはイチョウがあり、少し遅かったが
紅葉が見られた。
b0029974_21374715.jpg

冷たい雨と、少し黄色い葉っぱが残っているイチョウの木、色のない空。
鬱になりそうな光景だが、僕は結構好きです。

さて、蘇州には有名な庭園が4つほどある。
最初に向かったのは最も大きい、拙政園である。
最初に訪れたという事もあり、この庭園が一番印象深い。

入り口の所に若い女性の人が数人立っており、
「ガイドしますよー」と声をかけてくる。
最初は無視をしていたのだが、ガイドブックでは解説がものたりないということと
中国語を話すいい機会だということでお願いする。
(下心は多分無かったと思う)

つづく。。。
[PR]

by yasupon0920 | 2004-12-05 21:38 | 日常生活@上海
2004年 12月 02日

洋食屋さんとカート、愉快な仲間達

上海でカートが流行っている。最初に聞いたのは来てすぐだったと思う。行ってみたい。
ずっとそう思っていたところ、11月のGREE上海の会でカートの話題が出た。
F野氏とY貴氏が楽しそうに話しているのを聞いて、
今度一緒に行きましょうと声をかけていた。

そして今日待ちに待ったその日が来た。
彼ら2人とその友人およびその友人と総勢7人でカートに乗りに行った。
初めて出会う人達、そして新しい体験。
ちょっとした緊張感が心地よい。

カートに乗る前に食事をということでF野氏おすすめの洋食屋に行った。
場所と名前は今でも分からない。
ただし味は抜群だった。

ハムサラダのハム、スーパーで売られている安っぽい味ではなく本物だ。
(本物はどんな味だと聞かれても答えられないのだが..)
クリームコロッケなどは少し懐かしい洋食屋の味だ。
メインに注文したのはトンカツ定食。
b0029974_123226.jpg

結構なボリュームだ。一口かじる。
「・・・」。
美味しい。思わずアップで写真を撮ってしまった。
b0029974_1234339.jpg


この洋食屋、かなりのレベルである気がする。
思わずここはどこなんだと思ってしまった。
ちなみに店の雰囲気はHさんがおっしゃる通り、
宮沢賢治の「注文の多い・・・」を彷彿させる。

大満足の食事を終えてカート場に。
場所は上海駅の近く(だと思う)。

室内にあるカート場。ただし結構広い、というかコースは長い。
細かいカーブがあり、スピードの出る直線もある。
b0029974_1243182.jpg

(上の写真はF野氏がスタートした瞬間。かなりぼけてしまいました。ちなみ後ろはY貴氏)

1回8分程度だがかなり長く感じる。周回のコースを6〜7周する。
車高が低く、遮るものが何もないので体感速度はかなりある。
(実際にもMAXで70km/hくらい出るらしい)

一度に8人くらい走行できるのでタイムを競うも良し。
(タイムは最後に印刷されて出てくる)
なかなか上海では運転する機会がないので、ただ楽しむも良し。
他の人の走りを見るのも良し。

ただ実際にはかなり疲れる。
2回のったら腕や胸の筋肉が少し痛い。
そして服とかに少しタイヤが焦げたような匂いがつく。

かなり充実した一夜だった。
カートも食事も満足だったが、新たに愉快な仲間に出会えた事もうれしかった。
b0029974_125514.jpg

家に帰り、興奮覚めやらず、シャワーも浴びず、一気に書き上げてみました。
[PR]

by yasupon0920 | 2004-12-02 01:28 | 日常生活@上海
2004年 10月 24日

出会いは突然に...

ひょんなところで知り合いが出来たりする。

日曜日の夕方。
夜にサルサのレッスンに行こうと思い、早めの夕食を食べに行った。
うまい店、エロイ店(おっとこれはちがった)を探して、
浦東のインターコンチネンタルホテルの横の小汚い食堂に入った。
混んでる店はウマい、という持論に基づいたチョイスだ。

相席だ。これは困った。
向かいの人もなんだか嫌そうな顔をしている。

注文。マーボ茄子と野菜の麺を頼む。
マーボ茄子は無い、と言われるので
マーボ豆腐にした。
向かいの人は注文をすませている。

麺が来た。店の人は僕らが連れだと思っている。
二人の真ん中に置く。
野菜の麺なのでとりあえず食べだしてみた。
しばらくすると向いの人が店員になにか言う。
伝票を持って来てなにやら早口で僕らに話す。

どうやら二人とも同じ麺を注文したみたいだ。
先に来たのは当然彼のもの。
それを食べてしまっていたらしい。

マズい、、、、
ただでさえ気まずかったのに、本当に気まずくなった。

とりあえず誤った。
「君の麺を食べてしまったみたいだ。ごめん」と。

そこから少しずつ会話が始まった。
どこから来たのかとかいつ来たのかとか。
彼も3週間前に広州から上海に来たばかりらしい。
広告会社に勤めている。

筆談と僕の下手な中国語、それに二人ともたどたどしい英語での
もどかしい会話が進む。

「ここの店員はサービス悪いよ。」
その彼の一言で少しずつまた話が始まる。

会社の話。住んでる場所の話。
授業で習った言葉を駆使して話す。
学校だと多少発音が悪くても先生は理解してくれるが
実際の会話だとそうはいかない。
紙に書き、発音を教えてもらい、そんなやりとりを30分くらいしただろうか。

お互いのメールアドレスと電話番号を交換する。
店を出る。
「君はうまくやれるよ」
その一言がとてもうれしかった。

黄氏との出会いをもたらしてくれた
この食堂は忘れないだろう。
ちなみに味は非常に不味かった。
b0029974_2338152.jpg

b0029974_2338242.jpg

[PR]

by yasupon0920 | 2004-10-24 23:38 | 日常生活@上海
2004年 10月 22日

初めて。。。

(1)転びました。

朝、学校へ向かう途中、道路に水が巻かれていて、
ほんの少し傾いているところを通る際になぜか足が滑って、
横転した。

かなり豪快に転んだ。後ろの人も悲鳴を上げていた。
「ちくしょう!!」って思ったのですが、その中国語も分からず、
声をかけてくれた人にも、恥ずかしさのあまり言葉も出なかった。

転んだのなんて何年ぶりだろう。
膝を強打し、ズボンにすこし穴があいてしまいました。
トホホ。。。

(2)小雨
こっちに来てから2週間。一回も雨が降っていない。
日本と違いずっといい天気。

そんな中、今日のお昼に少しだけ雨が降った。
そう本当に少し。10分くらいだったのかな。

上海は今が一番気候がいいらしい。
逆に夏は雨が多くて蒸し暑いようだ。

サルサレポートはまた今度しまーす。
[PR]

by yasupon0920 | 2004-10-22 20:30 | 日常生活@上海
2004年 10月 20日

ADSL開通!!

先日ADSLが開通した。

とはいっても当日におじさん3人が来て、
部屋をごそごそ探しまわる。
どうやらジャックを探しているらしい。

電話のジャックを教えてあげたのだが、違うらしい。

客間の一画にそれはあった。
Ethernetのジャックがそのまま差し込める。

「パソコン持って来い」というので(もちろん中国語)
持って行くと、彼らが持参していた通常のEthernetケーブルを差し込まれ、
「終わり。」という。

意味が分からなかったが、確かにつながっている。
なんの設定もいらない。(当たり前?)

おもむろに封筒を一枚渡される。
中にはカードが入っている。
引っ越すときにそれをビルの管理者に返すらしい。

その他の手続きはまったくなし。
「費用は?」と聞いたら、
「ケーブル代として50元」と言われた。

多分高いのだと思うけど、あまりの簡単さに
驚いていたのでよく考えずに払ってしまった。

何はともあれ、これでBLOGの更新やみんなのとの連絡もとりやすくなる。

今後ともよろしくお願いいたします。
[PR]

by yasupon0920 | 2004-10-20 19:04 | 日常生活@上海
2004年 10月 14日

道路の横断

上海ほど道路を渡るのが難しい都市はないのではないだろうか?
ヨーロッパでは悪名高い(?)ローマやバンコクに比べても圧倒的に難しい。
そもそも上海は基本的に車が人よりも優先。横断歩道を渡っているときですら
クラクションを鳴らして突っ込んでくる。

道交法が車優先にできているような気がする。
その最たるものは交差点。車は赤信号でも右折(日本でいう左折)が許されている。
だから青信号になったと思って歩き出すと斜め後ろから車が突っ込んでくる。
もちろん人が車をよけてあげなくてはいけない。バスなんかが来たときには
冷や汗が出る。信号だけを見て進むと逆に危険だ。

駐在の人にも教えられたが、道路を渡るときは走ってはいけないらしい。
歩いていると運転手がタイミングを計ってよけてくれるが
走るとタイミングがとれずに逆に危ないらしい。

運転もけっこう荒い。何をそんなに急ぐのか、というくらいに
突っ込んで行く。先日タクシーに乗った際、
対向車線を走って前の車を追い抜いたときには、映画を見ているのかと思った。
友人は空港から市内に行く際に時速150km以上で窓全開だったらしい。

車以外にも横断を難しくしているものがある。
自転車とバイクだ。これらは平気で歩道をがんがん走る。
交差点でもベルを鳴らして、「通るから気をつけろー」って感じだ。

地元の人は慣れたもので、逆に自分のペースで渡り、クラクションを鳴らされても怒鳴られようと、平然としている。横断歩道でないところでも平気で渡るし。5日ほどで僕も慣れたが、こんなの慣れちゃうと日本に帰ったときに苦労するだろうな。
[PR]

by yasupon0920 | 2004-10-14 00:55 | 日常生活@上海
2004年 10月 10日

サンダルを買いに

はっきり言って、住んでるところは最高である。
いろいろ議論をした方もいらっしゃったが、残念ながら20階である。
浦東にあるマンションが10棟くらい立ち並ぶ一画。
入り口にはガードマンもいるし、中にはテニスコートや
屋内/屋外プールがある(らしい)。

部屋とか住んでる場所についてはまた今度書くとして、
今のところの唯一の不満は床が冷たいこと。
こっちの人は土足で暮らすらしい。(外国人用だから?)

そこでサンダルというか部屋履きを探しに行った。
最初に近くのスーパーへ。

スリッパはたくさんある。値段も200円弱。
でも内側にふわふわしたやつが付いている。
はいているうちに汗をかいてきそうなので
これはやめた。狙うのはスポーツタイプのサンダル。
日本だとNIKEのものが2000円くらいで手に入った記憶がある。

電車に乗りヤオハンへ。
こっちのヤオハンは高級デパートになっているみたいだ。
スポーツ売り場に行くが、通常の運動靴はあるもののサンダルはない。
靴売り場に行ってもない。

となりの百貨店へ行く。同じだ。
裏の靴の流通センターみたいなところに行く。
あれ、、、、ない。

地球の歩き方を見て、若い人が集まる買い物ができそうな街まで
電車で行く。すごい人だ。。。
人ごみの中、手当り次第に店に入る。

ない。どこにいってもないのだ。
極端な話ゴムでできたサンダルがないのだ。
こっちの人は使わないのか?

もうかれこれ3時間も探している。
途方に暮れていると、すれ違う人が履いていた。
よっぽど聞こうかと思ったが、中東の人なので
何語で話しかけようか迷ううちに話しかけるタイミングを逸する。

ここで見つからなかったらあきらめよう。
そう思って入ったデパートのスポーツ売り場にMIZUNOのサンダルがあった。

これだー。そう思って店員に27cmはあるか聞く。
というか中国語で「27」というだけだが。
「ないよ。」即答される。品番も在庫のノートもなにも見ずにだ。
なんだか相手にされてないみたいだったがしょうがない。

夕食を食べに家の近くのショッピングモールに行った。
ご飯を食べた後、ないだろうなー、って思いながら軽い気持ちで
売り場に行ってみた。

あった。しかも27cmもある。値段は日本と変わらない2000円弱。
かなり迷ったが、あきらめて購入することに。
こっちに来て一番高い買い物だー。

食料品や基本的な衣類に関してはなんでもあるし、値段もとても安いのだが
ちょっとしたプラスアルファのものについては品揃えもいまいちだし
値段も高いような気がする。

とはいっても見て回った場所によるものかもしれない。

こっちのデパートの売り方や売ってるものについては
また今度レポートします。
[PR]

by yasupon0920 | 2004-10-10 21:50 | 日常生活@上海
2004年 10月 09日

とりあえず着きました。

やっとつながった。。。

ネットワーク設定に苦労すること半日。
やっとつながりました。
ということで本来の目的の上海レポートスタートします。

上海は河をはさんで浦東と補西の二つに分かれるのだが
僕が住んでいるのは浦東側。
昔は沼地だったらしいのだが、政府の号令で開発が進められているらしい。

第一印象は「でかい」。建物はどれもめちゃくちゃ大きい。
大きいだけでなく、隣のビルとも妙に間隔が空いている。
道も片側だけで3車線以上あるのがざら。
道幅も広いので自分がなんだか小さくなった感じがする。

開発の途中段階なのか至る所で超高層マンションの工事が行われている。
ここ数年で様子は大きく変わったみたいで、
これからもどんどんビルが建つ計画があるらしい。

昨日は種々の不動産屋といろいろ契約の話やちょっとした買い物をして
終わった。

今日は生活の身の回りのものを買い出しに。ショッピングセンターまでは
歩いて20分くらい。これも桁違いに大きい。品揃えも豊富。
普段生活する上で必要なものはほとんどここで揃いそうだ。

物価はうーんどうだろう。確かに安いとは思う。
1Lの牛乳が60円、日本だと150円くらいのパンが25円。
ボディーソープが450mLで180円くらい。
それでも外国のブランドものは高いし、おそらくこのショッピングセンターも
現地の人にとっては高い場所なのかもしれない。
いろいろな場所で比較をしてみたいと思う。

今日の夕食はショッピングセンターの中の食堂で
カレー風味のチャーハンとスープを食べた。
130円。やっぱり安いか。

それにしてもダイヤルアップは遅い。
ADSLを引けるといいな。
[PR]

by yasupon0920 | 2004-10-09 23:05 | 日常生活@上海