上海15ヶ月

yasupon.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:サルサ@上海( 7 )


2005年 02月 01日

上海のサルサ事情

先日友人と久しぶりにサルサバーに行った。
本格的に行くのは昨年のクリスマス以来だから
結構久しぶりだ。

ここで知っている限りの上海サルサ事情を書いてみます。
(あまり知りませんが)
まずサルサバーは2カ所でしょう。
一つはSilverMoon。
場所は地下鉄の衡山路駅と常熟路駅の間にある
東平路×岳陽路にあります。小さいロータリーになっていて
そこの一画にあります。1Fはレストランで入って左にある階段を下りて
地下に行きます。

今もやっているか分かりませんが、土曜日の夕方にFREEのレッスンを
やっていました。

もう一つはZapata's。
場所は衡山路×東平路。
ただし日曜の夜だけがサルサです。
結構教え合ったりする、アットホームな雰囲気が漂っています。
(SilverMoonの方がバリバリ踊る人が多い、もちろん見ている人もいるけど)
ここは日曜日の20時半からFREEのレッスンをやっています。

この二つのレッスンですが、SilverMoonの方はステップが
中心でした。(サルサ以外もやっていました)今はどうなっているのか知りませんが。
Zapata'sの方はペアワークが中心だと思います。(これも最近ご無沙汰なので...)

その他のレッスンですが、一番有名なのはおそらく
Salsa Shanghaiというもので、BobとShirleyの二人が先生です。
英語でレッスンは行われます。
場所はオークラホテルの裏の中学でやることが多いみたいですが
いずれにしても事前に連絡をしたほうがいいと思います。
(レッスンに行っている人を知っていればついて行くというのもありだと思いますが)
レベルは初級からで、多分4段階くらいになっていると思います。
1コースは8回(1レッスン1時間)で週2回あります。
平日の18時くらいからなので社会人にはちょっと厳しいかもしれません。
僕が行っていたときは人数も少なく、ステップが基本ですが
なかなか面白かったです。
それにこの二人は週末はいつもSilverMoonにいるので
顔見知りになっておくと、一緒に踊れそうな人を紹介してくれます。
値段は1コース400元くらいだったような気がする
(覚えていない)

もう一つのレッスンは日曜日の夕方にHiltonホテルの裏あたりで
行われているもので、先生はドイツ人。
1回は1時間半くらい。4回か5回で1コースが行われる。
コースは初級、中級、グループダンス(でいいのでしょうか)
の3つだと思います。値段は1コースやっぱり400元くらいだったような気がする。

この他にも多分レッスンは行われてると思うのですが
私も情報がありません。知っている人がいたら教えてください。
ちなみに上海で一番多いのはキューバンだと思います。

不思議なものでこんなことを書いていると
踊りたくなるものです。
[PR]

by yasupon0920 | 2005-02-01 22:10 | サルサ@上海
2004年 11月 06日

平日のレッスン (SilverMoon)

しばらくドタバタした日が続いたがようやく落ち着いたという事で
再び書きます。

実はこの2週間くらい平日のサルサレッスンを受けている。
SilverMoonの土曜日に受けたレッスンの平日版だ。
どんなのか気になっていたので受けてみた。

レッスンは週に2回。一回が1時間くらい。
初級と中級があり、初級に入ってみた。

先生はSilverMoonのMarioさん。
初級はどうやらステップの練習らしい。
彼のレッスンの場合4,8でタップを入れる。

ステップの種類は基本的なベーシックとサイドステップ
さらにその応用がある。
例えばサイドステップの場合、2で右足をクロスさせてさらに左に行って
3で左足をそろえて、4で右足タップ、5で右に移動するといったもの。
これを横一線でやる場合やタップを90度ひねって、
蟹歩きのように四角を描いたり。
さらにターンもいくつか種類がある。(横に移動しながらのターンだったり)

生徒は日によってばらつきがあるものの5-10人くらい。
平日という事もありすいている。
場所はSilverMoonでやっていたり、中学校の体育館でやっている。

来週で初級が終わるのでその後は中級になりそうだ。
中級からはペアワークをやるらしい。

ずっとステップの1時間、結構疲れます。
でも面白いな。
[PR]

by yasupon0920 | 2004-11-06 19:53 | サルサ@上海
2004年 10月 27日

レッスン@ZAPATA (日曜日)

黄氏との食事を終えて向かったのは衡山路にあるZAPATA。
日曜日には無料のレッスンが行われている。

店に着いたのは20時過ぎ。
しばらくしてANDREW君が来る。
しばし話していると、となりにいた人に話しかけられた。
「サルサのレッスンはここでやるのか?」と。

かれはMASH君。インド系のイギリス人。
イギリスの美術館で働いている。
1年ほど休みをとって、世界中をバックパッカーとして
旅をしながら、今は2週間ほど上海の美術館で臨時で働いているらしい。
その後は中国を回るとのこと。

ANDREW君を含めていろいろな話をした。
MASH君はヨーロッパ系の教育を受けており、
どうやらそこではローマ帝国は偉大なるものと位置づけられているが、
アジアの文明や発展はなかなか正しい形で教えられないらしい。

簡単な歴史や、大きい街には必ずCHINA TOWNがあること。
バックパッカーには日本人を含むたくさんの人がいるけれど
なぜか中国人の若者はいないこと。
上海は開けて街だけど中国ははたして開かれた国なのか。

彼らは自分の国の歴史、考え方、背景をよく知っている。
そしてそれをうまく相手に伝える術を知っている。

僕は日本の歴史、民族性、その他諸々を彼らにうまく伝えられるだろうか。。。
彼らの話はどんどん進む。自分から積極的に入らないと取り残される気もする。
こういう点も含めて、改めて日本を出たんだって感じる一時でした。

さて、サルサのレッスンは、というと
始まったのは20時半くらい、先生はフランスから来た
見た目はキューバ人(ノエルさん、あのウマい人ですよ)。
Silver Moonのレッスンとは異なり、基本的にペアワーク。
人数も6組くらいで優しく教えてくれる。

ただし女性に比べると男子の数が多い。
女性は男の人と一緒に来ているパターンが多いみたいで、
そういった意味では知り合いと一緒に受けるのにはもってこいだと思う。

この日は早めに帰ったので、レッスンを受けられたのは
最初の30分くらい。これで無料なのだからなかなか良いのではないでしょうか。
また行くつもりなので、詳細なレポートはまた今度。
[PR]

by yasupon0920 | 2004-10-27 01:52 | サルサ@上海
2004年 10月 24日

サルサレッスン@Silver Moon (土曜日版)

以前に行ったSilver Moonで土曜日にサルサレッスンを受けてみた。
時間は19時半から21時半ということだ。
Feeは1ドリンク付いて60元 (800-900円くらいかな) 。

19時半頃に入る。中には4人くらいしかいない。
待っていると体格の非常に良い白人の男性が近づいて来た。
いきなり話しかけられた。

彼はブライス。上海に住んで7ヶ月。
これまでサルサは踊ったことがないが、サルサバーで踊っていた
カッコイイ女性と踊りたくてサルサを習おうと言っていた。
「俺はラテンの腰の動きができないんだよー。ほれ見ろ」とかいいながら
腰を動かしてくれた。それを見る僕。

なんだか怪しい関係になってきた。
「そのうちできるさ!」なんて励ましてみたが(だって僕だってできないもん)
「酒が必要だー」などと言いながらブライス君はカウンターに消えて行った。

準備に時間がかかったのか、始まったのは20時前だったかな。
気がつくと40人くらいがいた。男性と女性の比率は少し女性が多いかな。

先生は結構有名らしいダンサー。今後はいつもこの店でDJ(って言うのか?)をするらしい。
前に行ったときにもいた。

レッスンは基本的にステップ。
サルサのベーシック、サイドステップ、クンビアやマンボ、メレンゲとかを
音楽に合わせて踊る。人が多いのでなかなか先生の足が見えない。
そんな時はサブのコーチが近くで見せてくれたりする。
さらに人も増えて来て気づくと熱気でムンムン。

あれ、見たことある人がいる。。。
GREE上海の会でお会いした女性の方が3人いらっしゃった。
そして横を見ると、ZAPATAでいろいろ教えてくれたANDREW君がいた。

ステップのレッスンは21時頃に終わり、後はフリーで踊る。
誘えないでためらっている男の人を見つけては
サブのコーチが女性を捜して「踊れー」という。

22時頃になると一般の客もだんだん増えてきて
気がつくと普通のサルサバーになるって感じでした。

教えてくれるのは基本的にステップだけだが、なかなか面白い。
また参加してもいいかもって思いました。
ブライス君も一所懸命練習していました。

サブのコーチは平日のレッスンを開いています。
申し込んでみたのでそちらの報告はまた今度。

伝わりにくい文章になってしまった。。。
[PR]

by yasupon0920 | 2004-10-24 17:54 | サルサ@上海
2004年 10月 18日

ZAPATA

日曜日の夜。明日に帰国してしまうノエルさんと
別のサルサバーに行ってみる。駐在員用の雑誌にサルサ特集があったのだ。

場所は確か衡山路だったと思う。ここも日本のサルサバーっぽい。
入ったのは22時前くらいだったと思う。
けっこうな人の入りだ。

先日行った、SilverMoonと比較すると外人の割合が多いかも。
それでもSilverMoonで見かけた人も多い。

もう一つ違うのはなんとなくバーの雰囲気がアットホームだ。
教え合っている人たちも結構いる。

その中の一組にハーフっぽい男の人が女性にサルサを教えていた。
耳を澄ませば、日本語が聞こえてくる。
日本人かも、、、そう思った僕たちはタイミングをみて
話しかけることにする。

果たして女性は日本の方でした。男性は以前に日本に留学していた
ことのある上海の方。とても気さくな方でステップを教えてもらったり
2組でならんで教えてもらいながら踊ったりもしてくれた。
とにかくいい人だった。
連絡先を教え合ったということでは彼が現地の最初の友人ということになる。
そして彼の友達なのだろうか、上海で先生をしている
アメリカから来た、ホリーさんとも少し踊らさせていただいた。

サルサ好きに悪い人はいないって実感した一日でした。
そしてサルサをやり始めてよかったなと改めて思いました。

このお店はサルサバーになるのは日曜日だけとのこと。
20時半からは無料のレッスンもあるらしい。
とても居心地の良いお店でした。

上海のサルサもなかなか楽しめそうです。
[PR]

by yasupon0920 | 2004-10-18 22:50 | サルサ@上海
2004年 10月 16日

Silver Moon Bar (銀月把(手偏ではなく口))

上海のサルサバーに行った。
場所はよくわからない。タクシーで行ってしまったからだ。
(住所は岳阳路1号)
ご一緒したのはサル友のノエルさん。

タクシーを店の前で降りる。
3階建てくらいの平屋。地下にいく。
奥からサルサが聞こえてくる。
ドアをくぐるとそこは日本のサルサバーとそんなに変わらない
風景があった。
踊るスペースとそれを囲む背の高いテーブルと椅子。
その奥にはバーカウンターとビリアード台がある。

時間は22時前。まだ誰も踊っていない。
人数は20人くらいか。

22時を少し回った頃、かなり年配の地元の方とおぼしき
2人が踊り始める。
それを機に少しずつ踊る人が増えてくる。
日本と全く変わらない。
22時半を過ぎると、客も踊る人も増えてくる。

ノエルさんと数曲踊らせてもらったところで気づいた。
サルサバーに多分ありがちだと思うのだが、顔なじみの人がお互いいるみたいだ。
上海でサルサレッスンを始めたい僕たちはその中の一人に話しかける。
その人はレッスンを受けてないみたいだけど、
レッスンを開催している人が後から来るみたいで、そのときに教えてくれるということだ。

サルサ好きに悪い人はいない。

ノエルさんは彼やメキシコの匂いたっぷりの人と踊っていた。
僕も2人ばかりの人と踊らせていただいた。(上手くなりたいなー)
話すと全く言葉は通じないのだが、サルサは通じるのがなんだかうれしい。
(踊り終わった後に話しかけられても何も答えられないが)

サルサレッスンを開催している人が来た。結構充実している。
これは楽しみだ。

23過ぎに店を出る。なかなか充実したひとときだった。
みんな上手でした。
ノエルさんもサルサが踊れることで
とてもうれしそうでした。

AFや禁サルのみなさん、いろいろとありがとうございます。
みなさんのおかけで上海を楽しめることができそうです。
[PR]

by yasupon0920 | 2004-10-16 11:33 | サルサ@上海
2004年 10月 14日

SWING CAFE

HAPPY SALSAさんから紹介していただいたノエルさんと
そのお友達とサルサを求めてたどり着いたのがここ。
ノエルさんがネットで調べてくれた中の1件。

古北新区にある名都城倶楽部の中にある。
一見してこんなところにあるとはおそらく分からないであろう。
閑静な住宅地、高級マンションが立ち並ぶ一画に着いたときには
???って感じであった。

しばらく庭というか敷地を歩いているとどこからか音楽が。
低層の建物から聞こえてくる。ここか?
そう思い近づく。標識には「SWING CAFE」の文字が。

着いたー。
中は真ん中にステージがあり、周りはソファーや椅子、テーブルがあり、
おつまみとお酒を飲みながらまったりできる。
ステージの奥ではバンドが演奏をしている。

ノエルさん情報によると、マンボやルンバが踊れて、
みんなで踊ろう、みたいな雰囲気があるとのこと。
期待に胸を膨らませてとりあえず椅子に座りコーラなどを飲む。

演奏が始まった。ハードロックやらディスコ調の曲。バラードが流れる。
なかなかサルサっぽい曲が始まらない。
そうこうしているうちに少しずつ客がステージで踊りだす。とはいっても踊っているのは、

1. 宝塚にいそうなショートカットのお姉さん×2。一人はダンスめちゃうま!
2. すっかりできあがっている感じのサラリーマン。目の焦点が若干はずれ気味。
    頭にハンカチかナプキンを巻いて踊りまくっていた。( 人差し指がピンと立っていた)
3. ロック調の曲でヘッドバンキングをしまくっていた女性。
    (家や会社で嫌なことでもあったのだろうか)
4. その他女性や男性(2-6人くらい)
5. ノエルさん(と僕)。

といった感じでノリのいい人は踊るけど、残りの人は座って見ているといった感じだ。
ただし踊っている人はなんだか異様な一体感で盛り上がっていた。

サルサを期待して行ったのだが、結局帰るときまでサルサはなく、
サルサっぽい1曲でなんとか踊った。それでも他の曲でも楽しかったかな。
ボーカルのJUNIEも面白かった。
僕たちのテーブルに来て、しきりに女性2名に話しかけてました。
でも頼まれても僕は君にお化粧はしてあげないよ。
[PR]

by yasupon0920 | 2004-10-14 01:33 | サルサ@上海